Category Archives: Garage

THE FADEAWAYS – Dirty Water EP stock soon

久々に現行バンドの入荷情報となります。

国内外で精力的&ノンストップな活動を続ける東京のガレージ・パンク・トリオ、THE FADEAWAYSの最新10インチが入荷します。リリース元はDirty Water USA。Norton/Miriamのお墨付きティーン・デュオArchie And The Bunkersや、話題のオール・ガール・ガレージ・バンドThe Dartsを抱えて気焔を上げまくりのレーベルだけに、いやはやこれはグレート・ニュース。メデタイというほかないでしょう。→こちらからどうぞ。

バンドとしては初のフォーマットである10インチ・ヴァイナルで全5曲収録。トリオならではのタイトな演奏に益々磨きがかかって、徹頭徹尾THE FADEAWAYSなサウンドで貫かれている。60’s Garage/70’s Punk/90’s-00’s Punkの良質なエッセンスを凝縮した、彼ら流のガレージ・パンクが全編に渡って響きます。

ライヴでの熱演が目に浮かびそうなガレージ・ストンパーのA1、サンフランシスコのFlakesに捧げたB2といったオリジナル作の完成度もさることながら、相も変わらずカヴァー・セレクトのセンスが鋭い。ライヴでは既におなじみとなっている、Pebbles Vol.5(my fave volume!)収録のファズ・パンカーThe Gentlemen – It’s A Crying Shameの音源化はなんといっても嬉しい限り。カヴァーといっても著名なバンドに偏りがちな昨今、このダラスのローカル・バンドに着手したというだけでも日本のガレージ・パンクの未来は明るいと言い切ってしまいたい。続けてB3はミネソタのHypstrzの数少ないオリジナル作を敢えてチョイスするなど、遊び心もタップリ。勝手にリクエストさせてもらうなら、次回はこれと同じラインで極初期Voxx盟友Crawdaddysの数少ないオリジナル曲「Crawdaddy Express」を手掛けてもらいたい。

10インチ・レッド・ヴァイナルのリリースというのも、所有欲をそそらせてくれます。是非とも現物を手にしていただきたい。また便利なことにダウンロード・コードも付いています。入荷は明日の夜となりまして、送料は定形外500円から。枚数など発送方法によって変化しますので、気になる方は事前にお問い合わせください。

THE FADEAWAYS – Dirty Water EP stock soon はコメントを受け付けていません。

Filed under Garage, New Item

The Sonics – Psycho


 急遽シンコー・ミュージックの月刊誌『クロスビート』でSonicsの取材を担当することになった。バンドの方は既にジャパン・ツアーの真っ直中だが、最終日の火曜、ライヴ前にメンバーと対面インタヴューを行う予定である。
 「嬉しい」を通り越して「感無量」である。なにせボクが50~60’Sの音楽に夢中になったきっかけがTrashmenとこのSonicsであり、彼らの存在なくしては、この時代のシングルを買い集めたりはしなかった。
 音楽リスナーを自認する頃からシングル指向があったにせよ、60年代に関しては右も左もわからなかったし、ましてやそんなマイナーな古いバンドのシングルを日本国内で手に入れるなど、現実的に不可能な行為だと考えていた。いつの頃だろうか、アメリカ産シングルに興味を抱き、一枚一枚買い揃えていくうちにひとつの目標が自分のなかに芽生えた。
read more!?

The Sonics – Psycho はコメントを受け付けていません。

Filed under 45rpm, Garage